2014年12月29日月曜日

まさかのサーバーダウンと台湾野球の近況

突然ブログが表示されなくなって、ドメイン設定のせいかと思って慌てていろいろ設定しなおしたのにまったく元に戻らないので同じような人はいないか探してみたら、bloggerそのものに問題があったそうで。半ば諦めていたら、知らない間に復旧していた。せめて復旧したこととか知らせてほしい。不信感いっぱいで再開してます。

野球が一番盛り上がる時期に何も書けないという、何のためにブログを立ち上げたのかわからない状況に、本来あまり野球のことや仕事のことは書かないFacebookにその欲求をぶちまけてみたら、複数の方から「本当に野球好きなんだね」と言われた。恐縮だ。

そんな愚痴はともかく、台湾シリーズはLamigoモンキーズが優勝。八百長問題以来士気の下がっていた野球界も、昨年のWBCをきっかけに徐々に活気を取り戻し、若い選手たちが躍動していたのが印象的だった。

これは台湾野球唯一の専門誌「職業棒球」の付録でついてきた2015年のカレンダーだが、この人選もこれまで球界を引っ張って来たベテランではなく、若手中心の印象。

2014年シーズンの年間MVPを受賞した義大ライノズの林益全は本当にチャンスに強い左バッターで、彼が打席に立つと俄然盛り上がる。興農ブルズのオーナーが変わって義大ライノズが発足した2013年にちょこっとだけインタビューさせてもらったので、リンク貼っとこう。

球団によってはキャンプもスタート、2015年シーズンはすでに始まっているのです。今年の人事の目玉は選手ではなく、統一セブンイレブンライオンズのコーチとして、郭泰源が台湾野球に戻ってきたこと。それから野球連盟と協会が合併するかどうかで話し合っていて、年内に決着がつく予定。こちらも注目だ。