2015年10月17日土曜日

プレミア12チケットが。。。

10月も半ばですが、日中はまだまだ夏の台湾です。半袖をしまってはまた引っ張り出す、の繰り返し。

日本ではソフトバンクが一足先に日本シリーズ進出を決めたようですが、こちら台湾でも今日からラミーゴと兄弟による台湾シリーズ開幕であります。忙しい。キッチンにテレビがないんですから、そりゃ魚も焦がします。

そんな中バタバタ購入に走ったプレミア12の1次ラウンドチケットですが、一般発売から2日経った週末、どんなもんかと販売サイトを見てみたところ、週末の台湾戦以外はけっこう売れ残ってます。台北市内で行われる日本対アメリカという好カードもしかり。ご当地台湾戦も、平日はまだまだ席が余っています。
私なりに売れない理由を分析してみました。まず告知がまったくもって少ないと思うんですよねぇ。

そして発売日がわかりにくい。10/13のカード優待と10/15の一般発売を大きく明記してるところがいまもってほとんど見当たりません。

発売方法も、セブンイレブンのチケットサービス「ibon」ではなく、謎のサイト経由というわかりづらさ。在台の私は台湾の電話番号で会員登録し、チケット代はクレジットカードで引き落としました。ただしチケットそのものは、申し込みからわずか30分以内に近くのセブンイレブンに行って、ibonと同じタッチパネル式機械を操作し、手数料30元払って印刷してもらわなければならないという煩雑さ。なぜibon経由ではなかったんでしょう。海外から登録した人は、どういう形でチケットを受け取るシステムなのでしょうか。

台湾の熱心な野球ファンが減っている、という証拠にもなってしまったようで悲しいですが、上記のような理由も相当あると思います。なんというか、あまり上手なやり方じゃない。これだけ前売りの手続きが面倒だと、当日券が買えたらラッキー、くらいでいいや、と考える人が多く出るのもうなずけます。そもそも働いている人にとっては、チケット購入時間も観戦時間も、出勤時間にかぶるわけですからね。

海外の野球ファンに向けての対応はもはやなんとも。。。私が発券元だったらとりあえずチケット購入サイトに何がなんでも日本語版作るけどなー。特設サイト作って、球場周りの観光スポットやグルメスポットと一緒に紹介するけどなー。などと思う次第です。せっかく陽岱鋼が観光親善大使なのに。

せっかちなのかのんびりなのか、わからないけどとにかくマイペースな台湾の人たちですから、開幕までにボチボチ席は売れていくと思いますが。残りわずか!みたいな方が大会的には盛り上がりますよね。まぁこちらでの盛り上がりは、ひとえに台湾チームの勝敗にかかっているのですが。

完売した11/14の台湾対キューバはチケットゲットしました。台中まで息子を連れて行くので、陽岱鋼の活躍が見られるよう期待しています。

2015年10月16日金曜日

台湾エンタメパラダイスvol.13 発売中

台湾のエンタメ情報満載の「台湾エンタメパラダイスvol.13」が発売になりました。今回は日本帰国中に取材した「a-nation」でのSHOWのステージレポートを担当させてもらいました。

表紙は朝ドラにも出演中のディーン・フジオカさん。超インターナショナルなイケメンです。

2015年10月15日木曜日

「歩く台北 2015~2016」発売中

台北の詳細地図と現地スタッフが歩いて見つけたお店紹介が売りのガイドブック「歩く台北」の2015~2016版が発売になりました。今年も4エリアを担当しました。
今年は特集を担当できず残念でしたが、充実した内容になっていると思います。月並みですが、よく行くエリアでも、歩くたびに発見があるものです。永康街などは、発売間もないのに、すでに取材時からけっこう変わっていて。。。冷や汗が出ます。


サイト「もっと台湾」トークイベントレポート

クライマックスシリーズを見たり、プレミア12のチケット買ったり、秋も忙しい野球ファンですが、ぼちぼち仕事もしています。

台湾の文学を紹介するサイト「もっと台湾」で、芥川賞作家の柴崎友香さんを迎えたトークショーイベントのレポートを書きました。
これを機に「春の庭」を読みましたが、個人的にとても面白かったです。イベントの対談相手の編集者さんが、「とても日本的で女性的な小説」と言っていて、裏を返せばこういう視点は台湾の男性にはない、ということかなと思い、興味深く再読しました。

台日作家交流トークイベントレポート♯12 9月19日

さて、これからガイドブックの校正です。けっこうな量です。

プレミア12チケットと山崎康晃

台湾で開催されるプレミア12の1次ラウンド、チケットの一般発売は本日12時(日本時間13時)から。

このサイトで会員登録をして、時間になると「立即購票」というボタンが現れるので、こちらをクリックして手順に従えばクレジットカードで購入できます!

さて、私はというと、13日に台湾の國泰世華銀行というところが発行しているクレジットカードを持っている人のみの先行予約というのがあり、頼もしい友人が所有者だったため託したら、見事にゲットしてくれました。彼女に足向けて寝られません。

表示を信じて一塁側にしましたが、果たして20年来のベイスターズファンなのにうっかり台湾に移り住んでしまった私は、台北天母棒球場のブルペンで投げる山崎康晃を見ることができるのでしょうか。。。

さて話をチケットに戻しますが、入手できたのは日本戦のみ。

台湾チームは日本チームとグループが別で、全試合台中で開催されるので、台中在住の友人に託したのですが、こちらは友人の意向で、外野席のみトライしてくれたため、あっさり売り切れてしまいました。内野席は良い席から順に1800、1200、1000元、外野席は500元(カード所有者は0.5割引)。やはり安い方の席を求める人が多いようです。

特典付きクレカを持ってなかった使えない私、おとといは友人に託しただけだったので、本日は台中での内野席をゲットすべく頑張ります。

みなさまの幸運も祈ります。





2015年10月13日火曜日

な〜るほど・ザ・台湾 10月号

台湾の情報誌「な〜るほど・ザ・台湾」10月号で、Youbikeに関する記事を書きました。自転車で走ってみると、まだまだ奥が深い台北です。


今月は華流エンタメファン必見の内容になってます。ホテルや観光スポットで入手できますので、ぜひお手にとってご覧ください。

プレミア12 台湾開催試合のチケット発売!【訂正】

このブログで初の速報です。
台湾で開催されるWBSC世界プレミア12のチケットは15日発売になります!
本日はカード優待の方のみ先行発売!

こちらのサイトで15日12時(日本時間13時)から販売スタートです。

まずは会員登録が必要です。
購票流程(チケット購入の流れ)」がかなりわかりやすいので、
こちらの画面通りに進めばスムーズだと思います。

台湾に来ようとしてくれている方が、無事チケットゲットできますように!

2015年10月2日金曜日

プレミア12台湾代表メンバー発表

WBSCプレミア12の台湾代表メンバーが決定しました。
何事も平和主義で優柔不断な私ですが、ここはチャイニーズ・タイペイではなく、台湾と書きます。

郭泰源監督が選んだ28名はこちら。

投手:陳禹勳(ラミーゴ)、林柏佑(ラミーゴ)、潘威倫(統一)、陳鴻文(中信兄弟)、羅嘉仁(義大)、倪福徳(義大)、林子崴(統一)、宋家豪(無所属)、王鏡銘(統一)、呂彦青(台湾体育大学)、陳冠宇(ロッテ)、郭俊麟(西武)、羅國華(ツインズ1A)
捕手:林泓育(ラミーゴ)、高志綱(統一)、張進徳(パイレーツ)
內野手:郭嚴文(ラミーゴ)、陳俊秀(ラミーゴ)、林智勝(ラミーゴ)、林益全(義大)、陳鏞基(統一)、林志祥(統一)、蔣智賢(中信兄弟)
外野手: 高國輝(義大)、張建銘(義大)、張志豪(中信兄弟)、陽岱鋼(日本ハム)、王柏融(ラミーゴ)

日本でプレーするのはこのうちピッチャーの陳冠宇、郭俊麟、そして陽岱鋼ですね。打線はラミーゴ中心になる模様。個人的に羅嘉仁のちょっと危うい速球、林益全の勝負強いバッティングが楽しみ。陽の大ファンである息子に見せてやれるように、チケット争奪戦頑張ります。

日本ではヤクルトが。。。あぁ羨ましい。
そして、シックスセンスの多村が。。。ベイスターズファンには今年も寂しい秋です。