2016年3月27日日曜日

そうまでして野球中継が聴きたいか、という話。後編

「夕飯の準備しながら野球中継聴くぞ作戦」の後編です。前編でお伝えしたように、我が家のiMacは無事VPN接続に成功し、radikoプレミアムに加入したため全国のラジオが聴けるようになりました。

昨日私が息子を野球教室の見学に連れ出したため、今日はダンナの番、というわけでフリータイムが与えられ、テレビでCPBLと日ハム戦をザッピングしつつベイスターズ戦の中継に耳をそばだてるという贅沢な日曜を過ごしておりました。ベイスターズは逆転負けしたけどね。はは。

さて、今時Wi-Fiを入れていない我が家ですが、理由はひとえにダンナの「電磁波は体に悪い」という時代錯誤な考えにあります。実はこの「電磁波神話」、どういうわけか台湾人全体に非常に根強く刷り込まれておりまして、同じ理由から「電子レンジは体に毒!」という考えの人も多いんです。電子レンジに関しましては、「こんなに残業多くて子供も小さいのに電子レンジがないということは、温かい夕飯はあきらめてね」と脅してなんとか導入には到りましたが自腹で買ったし、姑は電子レンジの近くに寄るのも嫌な様子。

で、Wi-Fiも体の中を電磁波が貫通しているというイメージらしいです(ミッションインポッシブルの赤外線的な)。そんなこと言ったらスマホとスマホの間に立ったら即貫通だろうと思うのですが、電子レンジみたいな抗争をもう1回やるのも疲れるし、「Wi-Fi使えたら年中仕事モードになっちゃうし、子供が小さいうちは使えないくらいの方がいいか」と自分なりのメリットを考え反論せずにきました。スマホは4G回線でネットも使えるし、PCだって有線でも高速LANなら作業上困ることもありません。KindleとかMacbookを使う時は多少不便だけど、ケーブル接続とかスマホでのデザリングとか工夫の余地はあるし、台湾のカフェはほぼWi-Fiが使えるので、普段は待ち合わせのついでにアップデートしたりしています。

でも、「野球中継聴くぞ作戦」では壁にぶつかる気がする。

案の定すぐ問題が起きました。スマホでも固定IPアドレスを設定すればVPN接続できたのですが、どうしてもradikoに接続できないのです。iPhoneの場合、ブラウザ(Safari)から直接つなぐことはできず、アプリを起動して聴く方法しか選べないのですが、そのアプリを立ち上げようとすると、位置情報を知らせなければならないのです。

ご覧のようにVPN接続はできているのですが

許可しないと開けないし、許可すると。。。

台湾だってバレてるやーん

つまり、プレミアムにまで加入したradikoなのに、スマホじゃ聴けないってことです。なんという裏切り。まさに昨日の友は今日の敵。Macの前で悠長に聴いていられる日なんてほとんどないのに。煮物を火にかけながら洗濯物を畳み、畳むそばからオモチャの剣で斬られ、「うぅぅ、やられたぁ」と熱演しながら必死で中継を聴こうとしている私に、それはないじゃないかradiko。

なんとかしてプレミアムをキッチンへ連れてこなくては。

ここでWi-Fi環境があれば、Macbookをキッチンに持ってきて接続すればいい話なのですが、電磁波神話の壁が立ちはだかってそうも行かない。ここからが地味に険しい戦いとなりましたのでもうしばらくお付き合いを。

まず試したのは「Bluetoothオーディオレシーバー」なるもの。PCの音源をBluetoothでレシーバーに飛ばし、レシーバーとつないだステレオから出力するというものです。さっそくELECOMの製品を購入し、PCとBluetooth接続、キッチンにある小さなCDプレーヤーにつないでみました。来た来た!ゆうゆうワイドがCDプレーヤーから聴こえる!と思ったのもつかの間、あとは音がブツブツ切れて、悠里さんが喋ってるのか蝮さんが喋ってるのかわからない状況に。AMラジオが入りにくい時とまったく一緒で、人体を介すとなぜか電波が拾いやすくなるようで、私がレシーバーを手で持つと音がクリアになるのに、手を離すとブツブツザーザー。。。だからこうやってじっとしてられないから私は君を買ったんだよ。頼むよ。

Bluetoothイヤホンっていうのも一瞬考えたんだけど、結果は一緒かな?しまう場所にも困るブルートゥースレシーバーを眺めつつ、私は一体何をやってんだかという気持ちになりそうな自分を奮い立たせたその時、一休さんのように閃きました。

MacとiPhoneをつなぐアプリくらい、誰か作ってるんじゃない?

Wi-Fi孤島に住む自分にはアナログな方法しか浮かばなかったけど、もしかして灯台下暗しだったのかもしれない。そう思ったアナログな私は「Macの音 iPhoneで聴く」と小学生並みの検索ワードでアプリを探し始めました。その結果「AirPhones」「WiFi2HiFi」といったアプリを発見するのですが、どちらもWi-Fiで飛ばすという仕組み。しかも「WiFi2HiFi」の方はもう最新のOSに対応していないようで、レビューしてる方のブログを見てもかなり前のものでした。

もう諦めるしかないのか。。開幕もすぐそこだし。。。と思いながらも、暇さえあればアプリを探しているうちに、あるアプリを発見!関東圏のラジオ局を網羅していて、VPN接続さえできればプレミアム会員登録をしなくても視聴可能というありがたいアプリがあったのです。もちろん非公式なのでいつ規制に引っかかるかわからず、ここでもアプリ名は控えますが、関東のラジオに関してはとりあえずキッチンでも聞けるようになりました。ですが、開幕戦から早くも落とし穴にはまります。

そりゃヤクルト(昨年優勝)と巨人の試合を放送するよね。

関東圏のラジオがこぞって開幕戦の巨人ーヤクルトを放送予定で、肝心のベイスターズ戦が件の非公式アプリでは聴けないのです。かくも遠いベイスターズ戦中継。開幕戦はマツダスタジアムで広島東洋カープ戦。ならばとradikoプレミアムの放送予定を調べると、広島RCC放送でちゃんと実況生中継があるじゃないですか!さすがはプレミアム。でもスマホでは聴けないプレミアム。せっかくここまで来たのに。。

そして迎えた開幕戦。息子がチョコレートを食べてディズニーチャンネルを見ているほんの数十分がラストチャンス、最後のあがきでアプリを探しまくったところ、神は私を見捨てなかった(大げさ)。ついに見つけました。PC動画を高速でスマホに配信するアプリ「splashtop」。もともとはビジネスマン向けに、モバイル端末をPCとまったく同じ環境にして仕事の効率を上げるために開発されたアプリのようですが、これぞ私が求めていたもの。スマホが一時的にPCになってくれればいいんです。広島RCC放送をスマホから聴くことさえできれば。


アプリをインストールしてスマホとつなげる設定をしたら、スマホでもアプリをダウンロード。スマホアプリは有料で360円でした。野球愛っていうか野球出費が止まらない。あきれちゃうでしょ。


スマホの方ではログインするとこんな画面になり、つなげたいPCを選ぶと、音声もろともスマホにすべて移動するのです!すごい!

はー。長い闘いだったけど、こうして私は開幕数分前に滑り込みセーフで広島RCC放送をスマホに転送し、キッチンで夕飯の準備をしながら、山口投手の代わりに開幕マウンドに立った井納投手へ熱い声援を送ったのでした。

自分で書いてても長かったのに、最後までお付き合いいただいた方、本当にありがとうございました。無料で中継を見られるサイト(もちろん違法)がたくさんあることは私もわかっているのですが、地上波テレビ放送が少なくなって久しい今、あえて合法的なサービスで試合を見る(聴く)ことにこだわりたいと思っているんですよね。賭博だのクスリだの悲しい話題もあるけれど、私は基本的にプロ野球選手をリスペクトしているので。

と真面目に語った舌の根も乾かぬうちに一言。リスペクトはしてるんだけどさ、そこそこ苦労して中継聴いてるんだから、開幕カードくらい勝ち越してくれよ。頼むよ。

2016年3月26日土曜日

そうまでして野球中継が聴きたいか、という話。前編

主婦になってからの私の悩みといえば、「野球中継がじっくり観られないこと」です。仕事との両立や子育ての悩みじゃないのかよ、というツッコミは承知の上で悩んでいます。

仕事は子供が幼稚園に行っている間にやればいいし、反抗期は忍耐力の訓練と思ってやり過ごせます。でも野球中継は一球一球が勝負。さすがにスコアブックは諦めるにしても、せめて勝負どころの打席くらいは手を止めて見たい。そんな時に限って「うんちしたい」と言い出し、飲み物をこぼすのが子供です。いちいちキレていては体力が持たない。

野球にはどこまでも真剣な私は考えました。どうにかして日本と台湾の野球を要所だけでもちゃんと観られないか。CPBL TVに加入したおかげで、台湾の方はいつでもアーカイブが見られます。生で見られないことさえ割り切れれば、子供のいない時間にゆっくり観られるので、台湾の方はあっさり解決。問題は日本です。

パ・リーグTVに加入すればパ・リーグの試合をいつでも観られるようですが、私はセ・リーグのベイスターズファンだし、細分化された有料サービスにいちいち加入していてはお金がいくらあっても足りない。さて、どうしたものか。

そうだ、ラジオがあるじゃないか。

私が本格的に野球ファンになった高校時代は、自分の部屋にテレビがなかったので、球場にいけない日はもっぱらラジオの野球中継を楽しんでいました。解説が細かくて勉強になることも多いので、テレビ中継より面白いと思っていたくらいです。一緒に観戦に行って、「野球愛がマジすぎる」と男子にフラれた後はしばらく心を病んだのか、球場でもイヤホンを耳に突っ込んでラジオ中継を聴きながら内野でじっと観戦する、というちょっと危険な女子高生になっていた時期もあります。

しかも私は昔から深夜ラジオのファンなのです。伊集院光さんの番組に至ってはニッポン放送で「Oh!デカナイト」をやっていた時からのリスナーで、東京在住の強みを生かして中学生ながらイベントに参加したこともあります。でかかったなー、伊集院さん。TBSラジオのJUNKを伊集院さん移籍の流れで聴くようになり、他の曜日も聴く習慣ができて10数年。台湾に引っ越してからも、Podcastや動画サイトを使って聴き続けてきました。

しかもラジオなら少しくらい手が止まっても試合の状況がわかる!なんて主婦向きなメディアなんだ!!

これはラジオ視聴の環境を整えるしかない、とさっそく「radiko」について調べてみました。radikoはラジオ放送をインターネットでライブ配信してくれるという画期的なサービス。これがあれば海外でも余裕でラジオが聴けるはず!と思ったら、日本国内でしか視聴できないことが判明。でもこれは想定内でした。そういうサービスは多いですからね。

でも海外在住者はこんなことでは諦めない!今は日本のIPアドレスを売ってくれるサービスもあるんです。一番有名なのがINTERLINKという会社です。ここで固定のIPアドレスを購入し、「VPN接続」でアクセスすれば、INTERLINKのVPNサーバーを経由してアクセスできるというわけ。月額1080円を高いと思うか、安いと思うかは人によると思いますが、日本国内限定の「Amazonビデオ」や「Gyao」など、今まで海外在住だからと我慢していた動画サービスも見られるようになります。

難しい仕組みはさておき、とにかくこのサイトで「マイIP」を購入すれば「radiko」にアクセスできる、「radiko」にアクセスできれば、野球中継が聴ける!日曜サンデーも伊集院さんの新番組もリアルタイムで聴ける!と興奮しながら購入手続き。月額制で、1ヶ月は無料体験ができるというのも購入を後押ししました。もし接続がうまくいかなかったら退会すればいいですからね。ただし無料体験期間終了後は自動的に本契約となるので、お試しのみ利用したい方は要注意。

IPアドレスの設定について手順を書こうか迷ったんですが、細かい手順は使っているPCがMacかWindowsかでも違ってくるし、INTERLINKからの購入が成功すればサーバの番号やらパスワードやらがメールで送られてきて、サイトの手順通りに入力していくだけなので割愛します。マニュアル通りにやれば難しいことは特になく、こういうことが苦手な私でも無事VPN接続にこぎつけることができました。

そんなこんなで、ついに「radiko」への接続に成功!大喜びして聴き慣れたTBSラジオに飛ぼうとしたのですが。。。局の選択欄にTBSラジオがない!よくよく見てみるとローカル局が並んでいるではないですか。ん?radikoのロゴの横にある「AICHI」ってあの愛知?なぜ愛知県のローカルradikoにつながってるの??


だからAICHIってどういうことよ


手間隙とお金をかけて「radiko」につながった喜びは吹っ飛び、必死でエリアを選ぶ画面を探すものの、見つからず。1時間くらい格闘した後、INTERLINKの問い合わせメールに質問しました。翌日に返答が来るという対応はすばらしかったのですが、その返事が。。。 

お問い合わせありがとうございます。
radikoを視聴されていると思いますが、その地域の判定はradikoが独自で任意に割り当てております。 
我々プロバイダー側が保有するIPアドレスは、地域情報は含まれておりませんので、 
当社側でどのIPアドレスがどの地域という管理は行っておりません。 
ご希望のエリアで視聴を行う場合は、別途プレミアムにご加入いただく必要があります。 

■radiko.jpプレミアム 
http://radiko.jp/rg/premium/ 

ご要望に沿えず誠に恐縮です。 
以上よろしくお願いいたします。

とても丁寧なお返事だとは思いますが、確かにご要望に沿ってないよ。。。追加でプレミアムに加入しないとTBSラジオが聴けないなんて聞いてないよ。。。でもここまで来たらもう後には引けません(マイIPアドレスは無料体験中なので実はまだ引けるんだけど気持ち的に)。意を決して「radikoプレミアム」に加入しました。IPアドレスの月額1080円にプラスしてradikoプレミアム月額350円、毎月1430円(税別)かかることを考えると決して安くはない投資ですが、スカパープロ野球セット(基本料別で3980円)に比べれば安いものと言い聞かせる私。

「radikoプレミアム」に加入すると、当たり前ですが全国のラジオが私のものになりました。いざ全国を手にしてはじめて、北海道放送や広島放送での中継をマニアックな解説で聞けることに気づきました。JUNKも生放送をストレスなく視聴できることを考えると、350円にお得感すら感じます。私の価値観大丈夫ですよね?

これでめでたしめでたし、と行かないのがすべてを自分の意のままにできない所帯持ちの辛いところ。なんと我が家にはWi-Fi環境がないのです。さて、いまどきWi-Fiがない理由とは。その環境でいったいどうやって家事をしながら野球中継を聴くのか。長くなりすぎたので第2ラウンドの記録はまた次回。

結論からいうと、昨日のベイスターズ開幕戦勝利は、ちゃんと聴き届けました。ニヤリ。

2016年3月25日金曜日

3/16オープン!中信兄弟オフィシャルショップに行ってきました。

ご無沙汰しております。

地味に忙しく過ごしている間に台湾プロ野球は開幕を迎え、今日は日本のプロ野球も開幕ですね。もう何度目かの寒の戻りで冷たい雨の台湾です。

除湿機のない我が家はもう本当に腐りそうですが、ドーム球場のない台湾プロ野球は大丈夫か??という心配が現実となり、開幕戦含めてすでに3試合が延期になりました。天気ばかりは仕方ないのですが。

さてそんな中、今月16日にオープンしたばかりの中信兄弟エレファンツオフィシャルショップに行ってきました。


想像の何倍もオシャレなお店でした。「THE BROTHERS BASEBALL OFFICIAL SHOP」ってまたえらく横文字で攻めてきたな、と思っていたのですが、その名にふさわしいベースボールショップの佇まい。台湾鉄道「松山車站」駅の目の前にあり、わりと閑散とした大通り沿いにあります。


 ウインドウには所属選手の道具をディスプレイ。野球ファンのワクワク感をあおります。


扉もバットになっていたりして、デザイン力の高さを感じさせます。


入ってみると右手にはNEWERAのデザインキャップがズラリ。迷彩柄なんかもあります。


オシャレなお店ですが、伝統的なユニホームもちゃんとありました。子供用も在庫あり。


キャラクターの小翔もいるんですが、それとはちょっと違う、「ただの象くん」としか言いようのないぬいぐるみがいっぱい並んでいて、やや戸惑う棚。


Tシャツなどはちゃんとデザインされたオサレ仕様。でも、黄色使ったベタなやつが欲しかったような気も。Bを押してくる感じといい、Bのロゴといい、ベイスターズの「+B」とちょっと似ています。


人気選手のグッズもあります。23番の彭政閔選手と6番の張正偉選手のグッズが充実していて、人気の高さが伺えました。元阪神タイガースの林威助(リン・ウェイツ)選手グッズも。

暑い夏の観戦では実用的にも活躍してくれそうです。


このお店で扱っていた応援用のメガホンは、スタイリッシュでピンクのこれだけ。200元というのも他のメガホンに比べてちょっと割高なような。球場では黄色のメガホンを購入できるようです。


個人的に一番惹かれたのがこれ。コンパクトな手のひらサイズの扇風機なんですが・・・


スイッチを入れると、なんと羽に「GO! GO! BROTHERS」というLED文字が浮かび上がってきました!実際に見てみるとかなりテンション上がります。全体的にデザイン料込みで高額な商品が多い中、これで120元という手軽さも嬉しい。


毎週月・火はお休み、11時からののんびり営業ですが、試合開催日以外でもグッズを購入できるというのは便利ですよね。MRTの「松山」駅からもアクセスできるので、ぜひ足を運んでみてください。

2016年3月15日火曜日

台湾プロ野球2016シーズンチケット発売 ibon(セブンイレブン)編は意外な展開。

今週はひたすら寒くて雨続きの台湾。昨年も関わったガイドブックの最新版発行に向けて、くせ毛を爆発させながら走り回っております。この冷たい雨の先に春が。。いや、台湾の場合は夏が待っています。

さて、チケット購入についての記事は今回が最後。今年も台湾プロ野球のチケットは、Lamigoモンキーズがファミリーマートのチケットサービス「Famiticket」で、その他3球団はセブンイレブンのチケットサービス「ibon」での取り扱いとなったようです。先日ご紹介した兄弟エレファンツの公式サイトから購入すると、ファミマでもセブンでも受け取り可能。ちなみに台北は数メートルの間にもセブンが立ち並ぶセブンイレブン王国です。

まずはibonチケットサービスのサイトで会員登録が必要なので、


トップ画面上の「註冊(登録)」というところから入ってみます。
と、ここで問題発生。登録規約に同意して、会員登録画面に移ると、


電話番号入力のところが台湾国内の番号のみの対応となっており、日本の携帯番号を入力しても、+81とか81など日本の国番号をつけた番号を入力しても、エラーが出てしまうのです。

そこでわたくし、サービスセンターに電話してみました。以下、やりとりです。

****************************************************************************************************************

「日本に住んでる友達がCPBLのチケットを買いたいと言ってるのですが」
センターのお姉さん「いつのどの試合ですか?」
「5月1日の兄弟対統一の試合です」
お姉さん「しばらくお待ち下さい・・・お待たせしました。海外からでもサイトからご購入できますよ」
「電話番号を入力しないと会員登録できないようになってるんですが・・・」
お姉さん「あなたは台湾在住なんですよね?じゃああなたの電話番号を入力してもらえば問題ないですよ」
「私の携帯が使えない場合は・・・」

お姉さん「じゃあ適当な番号を入れてもらえれば大丈夫です」

「・・・え?

お姉さん「実際のところはすべてメールでのやり取りになりますので、電話番号はあまり重要じゃないんです。登録後はメールでやりとりできれば問題ないですよ」
「そうなんですね。伝えます。ありがとうございました」

****************************************************************************************************************

というわけで、まさかの回答でした。この方法を推奨したいとはあまり思いませんので、当ブログでは台湾の番号をお持ちのお友達やお知り合いがいる方以外は、ファミリーマートか兄弟エレファンツなどの球団サイト、または現地に来てからコンビニか球場で購入されることをおすすめいたします。

さてさて、今週末には台北から近い桃園と新荘で開幕する台湾プロ野球。台北は週末の予報も雨です。やっぱり台北にはドーム球場が必要なのかもしれません。

2016年3月11日金曜日

台湾プロ野球2016シーズンチケット発売 兄弟編。

セブンイレブンのチケットサービス「ibon」で運動票(スポーツチケット)のページに行っても「線上購票」(オンラインチケット購入)のボタンが寝たままなので、しびれを切らして兄弟エレファンツの会員になってみました。


チケットの値段などわかりやすく表示されています。文字が青くなっている中信兄弟售票站に飛ぶと・・・


試合日程票が出てくるので、行きたい試合をクリック。


赤字は「クレジット決済の成功はチケット購入の成功を示すものではありません。購入後は『會員服務』(会員サービス)をチェックして、チケット予約が成功しているかどうか確認してください」と書いてあります。なんか怖いよー。試合日をしっかり確認し、「立即訂購」(すぐに予約する)をクリックすると、


座席のエリアを指定する場面になります。3月の台北開催試合は1試合だけ、とあって、兄弟ファンが続々と買いに走っているもよう。内野は残り座席が少なくなっています。


エリアを絞ったら次は席の指定。三塁側はまだ余裕がありました。座席を指定しようと思ったら、会員にならないと次へ進めませんでした。右下の方にある「+加入會員」をクリックして会員登録しましょう。

それだったら先に会員になっておいた方がラクかな?と思ったんですが、トップ画面から会員登録画面に入ると、住所を入力したりしなきゃならなくて面倒だったので、この画面から会員登録することをおすすめします。


会員登録画面です。電話番号も日本のでOK。日本からの人は頭に+81とつけて入力してね、と親切に解説してあります。


入力が終わると登録したメールに認証番号が送られてくるので、それを入力すると登録が完了。

ちょっと面倒ですが、右上に「●●您好!登出」と出ているログイン状態のまま、最初のチケット購入画面に戻って席を選びます。


するとまたまた出てくるドッキリメッセージ。10分以内に決済してよ!と急かしてきますが、焦らない焦らない。



試合日と値段をしっかり確認。①の「折扣」というのは割引のことで、親会社の中国信託のクレジットカードを持っている人だけに適用されるので、無視していただいて・・・
②はチケットの受け取り方式。やはりコンビニでの受け取りしか選べません。


クレジットカード情報を入力し、購入規約に同意して、決済をすると・・・


成功よ!成功なのよ!とメッセージが出てくるので安心しがちですが、ここはやっぱり警告にしたがって「會員服務」を見ておきましょう。それと、予約ができれば登録したメールにメールがくるはずなので、メールがこない場合は要注意。

さて、肝心のチケット受け取りですが、発行期限は特に明記されていません。「よくある質問」の「退票問題」(払い戻しについて)の箇所をを見ると、「まだ発券されていないチケットに関しては3日前まで『會員服務』ページ上で取り消すことができます」とあるので、かなり直前まで発券可能のようですが、はっきりしたことはわからず。来週問い合わせてみます。

コメントいただいた谷口さんのように、兄弟エレファンツを応援したい場合は一塁側と三塁側どちらを買えばいいのだろう?という疑問の答えは、「よくある質問」にありました。

1. 2016​年​台中洲際棒球場​​主場球隊球員休息室位於三壘側(即西區看台)。
   其他球場​​主場球隊球員休息室位於一壘側。

洲際棒球場はホームチームが三塁側、その他はホームチームが一塁側、とのことです。「休息室」って控え室のことなので、ベンチじゃないの??っていうのがちょっと引っかかりますが、まず間違いないと思います。そしてどうして洲際ではホームチームが三塁を使うんだろう・・・そういえばプレミア12でも台湾代表が3塁側だったな・・・と謎が謎を呼ぶCPBLなのであります。

どうか。。。

避難所で選手名鑑をめくってたおじさんが、笑顔で野球を見ていますように。

斎藤隆が、今後すばらしい指導者人生を送れますように。


2016年3月10日木曜日

台湾プロ野球応援あれこれ。名鑑・グッズなど

気温27度からの14度が身体にこたえる一週間です。
週末のオープン戦に行きます!という嬉しいコメントもいただいたのですが、残念ながら天気予報は雨。。。中止にならなかったとしても球場は冷えますので、ご自愛ください。

台湾プロ野球は徐々に開幕モードが高まっているのですが、気分が高まっても急がないのが台湾。セブンイレブンでのチケット販売が開幕一週間前の明日スタートというのんびり具合ですので、みなさまもゆっくりした気持ちでおつきあいいただければ。


台湾唯一のプロ野球雑誌「職業棒球」、現在発売中の名鑑号です。台湾プロ野球の名鑑はいまのところこれしか発行されておらず、次の号が出ると店頭から消えてしまうので、通年で買える名鑑というのがありません。球場で名鑑が買えれば楽しみも増えると思うのに、球場での取り扱いも私が見たところ開幕戦のみ。もったいないですよねー。

このブログでも紹介した「台湾プロ野球観戦ガイド」は日本版の名鑑で、とても信頼できる一冊。現時点で2016シーズンに向けて新刊本が出る可能性は低そうですが、引き続き使える球場情報なども詳しいし、何より日本語で読めるというのがありがたいですよね。

ただ、どちらも残念なのは選手の寸評が載っていないので、「どういう選手?」という素朴な疑問に答えてくれないこと。「職業棒球」の関係者にお会いした時には、生意気にも「寸評入れないと興味湧かないと思いますよ」と意見してしまった私です。最新の「職業棒球」は、キープレーヤーに二行ほどコメントがついてしました。これだけでも嬉しい。予想スタメンも写真入りになり、見やすさがアップしている印象です。


たとえば先日の日本戦でも光っていた王柏融には「外野手の最高記録となる契約金500万元,すでに3番バッターの有力候補として指名されている」とあり、中心打者であることがわかります。しかし、去年9月にプロ入りした選手もルーキーなのだろうか。。

現在台湾の書店・コンビニで発売中。博客來などネット書店だとちょっと安く買えます。

応援グッズも気になるところですよね。私の知る限りでは、Lamigoモンキーズのみ、ホーム球場の桃園国際棒球場と、環球(GLOBAL MALL)というショッピングモールにグッズ専門店を展開していまして、その他のチームは各球団のサイト上でのネット販売が中心。試合開催日には球場でこのようにワゴン販売しています。


リストバンド、ボールなどスタンダードなもの、もちろん応援用メガホンもワゴンで売ってます。ただ、オープン戦はこのワゴンが出ないことが多いんです。


昨年購入した兄弟エレファンツの応援メガホン。小ぶりで持ちやすいのですが、細かい球みたいなものがメガホン内に入っていて、移動中にもガラガラガラガラ鳴るのが玉にキズ。そして今年はグッズもちょっと強そうな象になっているはず。メガホンはサイズもいろいろあります。CPBL全体のグッズは、PC HOMEという大手ネット通販サイトに中華職棒購物中心という専門店があります。

話がちょっとズレますが、昨年の夏日本に帰国した時に子供を連れてディズニーランドに行ったんですけど、そこで台湾人家族に遭遇しましてね。男の子が首からぶら下げていたのが義大ライノズのグッズだったので、思わず話しかけてしまいました。。同じ写真が見つからなかったのですが、一番近いのはこれ。


その子が持っていたのは、ちゃんと義大のキャップをかぶっていて、イメージカラーの紫を基調としてました。真夏だったのでまったく同じような商品(乗ってるのはもちろんミッ●ー)がパーク内で販売されていたのですが、「ミッ●ーのより全然いいじゃん!なにそれどこで買ったの?」と盛り上がる私。その子が言うには高雄で試合を見た時に球場で買ったそうです。当たり前ですがホーム球場が一番充実してるんだなぁと実感しました。

コメントいただいたFuwaさんはじめ、日本との試合でCPBLに興味を持ち、台湾まで見に行こう!と思ってくださっている熱愛台湾棒球隊(仮)のみなさん、少しは参考になりましたでしょうか。ファンの方々のネーミングも引き続き考え中(やや迷走中)ですが、今シーズンも一緒に楽しみましょう。

2016年3月7日月曜日

台湾エンタメパラダイス vol.14 五代さまパワー炸裂中。

3/5、6の日台交流戦(あえて強化試合とは言わない)は、日本が一方的に強さを見せつける展開でしたね。もともと実力差を感じているところに完全アウェーのドーム球場というシチュエーション、売りだった打線まで萎縮してしまったように見えてちょっと残念。ベンチに陽岱鋼がいたら違いますよね。今回は台湾代表ではなく、台湾プロ野球代表ですからね。それでも開幕前のこの時期に日台オールスターゲーム(出来うる限りの)が見られることの幸せ。テレビ観戦といえども、めちゃくちゃ楽しい2日間でした。毎年やってくれないかな。

さて、台湾のエンタメ情報満載の「台湾エンタメパラダイス」、最新号が本日発売されました。ディーン・フジオカさんの表紙が目印。五代さまパワーで品薄の書店もあるとかないとか。


今回もKKBOXアワードでマジックパワー涙のステージをレポートしたり、青木由香さんのおもしろ迪化街ツアーをご紹介したり、いろいろ楽しい取材をさせてもらいましたが、個人的な目玉は台湾野球のイケメンを紹介したページです。まだプロ入りしていない大学生まで写真入り!超マニアック!「KANOのアキラ」こと曹祐寧くんのことも、ひたすら野球選手として紹介しています。日本との試合を見ていて「台湾代表ってイケメン多くない?」と思った方、ぜひお手に取ってみてください。

イケメン選手企画のページを書いている時、台湾野球にハマってくれる稀有な女性を「カープ女子」「オリ姫」などになぞらえて「台湾野球小姐」とお呼びしようかな、と一瞬思ったんですが、しっくり来なすぎて辞めました。以来、「台湾野球」のキャッチーな呼び方を考え中。台湾代表は「中華隊」なんだけど、「中華女子」じゃ無類のエビチリ好きみたいだし。ああ、私にみうらじゅんほどのネーミングセンスがあれば。。CPBLガール?違うよなぁ。

2016年3月2日水曜日

な〜るほど・ザ・台湾3月号 郭泰源統一セブンイレブンライオンズ監督インタビュー

台湾の観光地・ホテルで入手できる情報誌「な〜るほど・ザ・台湾」3月号にて、今シーズンから統一セブンイレブンライオンズの監督に就任した郭泰源監督のインタビューを担当させていただきました。


ほぼ毎号書かせていただいているありがたい媒体ですが、今回は郭新監督のために台南まで取材に行かせていただいて、本当に感激でした。東村山出身で、西武ライオンズ友の会とともに小学生時代を過ごした私にとって、オリエンタルエクスプレスはまぎれもないヒーローなのです。あのキレキレの変化球、息子にも見せてやろう(Youtubeで)。そんなわけで統一投手陣に俄然期待が高まる今シーズンです。

台湾に来られる予定のある方は、ぜひお手に取ってご覧ください。

台湾プロ野球2016シーズンチケット発売 一足先にLamigo戦。

週末の日台交流戦は、チケット完売だそうですね。
インフルにかかっちゃった陽耀勳(陽岱鋼の兄)をはじめ、台湾代表から3人も離脱者が出てしまい、しかも航空券も保険も本人しか適用できないから代わりの選手も送れない、というのはなんとも残念なお知らせですが、満員なら否が応でも盛り上がりますね。

台湾プロ野球2016シーズンの日程が決まり、チケットの準備にもソワソワしはじめる頃。日本からいらっしゃる予定の方は、早く日程を決めてチケットも押さえたいと思うのですが、今日現在チケット発売をスタートしているのはLamigoモンキーズだけのようです。中信兄弟公式サイトの「票務」も昨シーズンのままだし、セブンイレブンのチケット販売サービスibonの「運動(スポーツ)」欄もまだ準備中。

LamigoのチケットはファミリーマートのチケットサービスFamiTicketですでに販売を開始しているので、桃園國際棒球場での試合はこちらで購入可能です。

FamiTicketへの会員登録が面倒ですが、パスポート番号と国番号をつけた電話番号でも登録は可能です。リンクから行きたい試合を選ぶと下のような画面が出てきます。


チケット枚数を選んで、「自動配位(自動で座席指定)」「自行配位(手動で座席指定)」のどちらかを選べば発券・支払い画面へ進めるのですが、


ここで次のようなメッセージが出てきます。


「システムは30分間席を押さえますから、30分以内に決済してよ〜」という忠告。


 「決済には会員登録が必要です」と言われるので、「加入會員」をクリックし、下のような画面で登録します。


1つ前の画面に戻り、メールアドレスとパスワードを入れて「登入」をクリックすると、決済画面にたどり着きます。


ここまでは日本でもできるんですが、画面中ほどにある「取票方式(チケットの受け取り方)」というのが、台湾のファミリーマートにある「Famiport」という機械から受け取る方法しか選べません。クレジットカードで決済できるにもかかわらず、メールでの受け取りや電子チケットの発行ができないということなんですが・・・

安心してください。買えてます。


画面は4/23の試合を買った場合の最後に出てくるメッセージ。クレジットカード決済が成功したら、試合当日までにFamiportでチケットを引き出し、25元の手数料を払えば、発券してもらえます。

セブンイレブンの方(ibon)の受け取り方法はどうなっているのか、また他チームのチケット発売が開始されたらアップします。

桃園球場は台湾の野球ファンに人気ナンバー1の球場なので、ぜひ一度行ってみてください。MRT桃園線がまもなく開通するはずで、球場アクセスがどれくらい楽になったかご報告したいのですが、なにぶん「はず」が多い台湾なもので。