2016年9月21日水曜日

三浦番長をいつもの通りに応援しようと思う理由。

台湾では初のメジャーリーガーで国民的ヒーローだった陳金鋒という選手が引退を表明しました。シーズン当初から「今季限りで辞めます」と宣言していたので、台湾の野球ファンは、「この一瞬一瞬を目に焼き付けよう」という思いで今シーズンの陳選手を見ていたはずです。辞めると宣言することで、注目する人が増えるのも事実です。

我らが番長、三浦大輔投手の引退は寝耳に水の出来事でした。ヤフーニュースを開いて「DeNA三浦大輔、引退表明」という文字を見た瞬間、横浜ファンの「嘘だろ!?」という声が聞こえたような気がしました。引退会見の中継を見ていても、なんだか実感が湧かない。横浜に背番号18がいることは、あまりにも当然のことだったからです。

人間というのは愚かなもので、いつもの光景がそうでなくなる時、初めてその大切さに気づくことがある。でも我らが番長について思うのは、ちょうど反対のことなんです。

「9回を投げ抜くためには1イニング1イニング、もっと細かくしたら1アウト1アウト、最終的には1球1球っていうことですよね」

速球派でもなく、代名詞となる変化球があったわけでもない。選手生活を支えた抜群のコントロールの影に、1球1球手を抜かない不断の努力があったことを、横浜ファンは知っています。Bクラスが定位置のチーム状況にも腐らず、150勝した番長が教えてくれたのは、いつもの光景を、目の前の一瞬一瞬を、懸命に生きろということです。

だからこそ私は引退、引退と騒がず、いつもの通りに番長を応援しようと思うのです。最後の1球まで、きっと全力で投げてくれると思うから。そして願います。その1球が石田に、今永に、ヤスアキに粛々と受け継がれていくように。


偉大な投手でした。いつも励まされました。ありがとう番長。でもまだ終わってないぜ!

2016年9月13日火曜日

得する!台湾222ネタで台湾野球に関する記事を書きました。

これも7月に発売になっているガイドブックですが(いい加減にしろよ)、「本当に使える!得する!台湾222ネタ」という本で少しお手伝いさせていただきました。


私が担当した中の1ページは、なんと台湾プロ野球に関するものです!

編集担当の方々に感謝!

野球をお得につなげるヒントは、このブログを読んでいただいている方からのコメント「台湾のプロ野球はチケット安くてお得ですよね!」というご意見を参考にさせていただきました。ありがとうございました。

テーマパーク化している日本の球場も楽しいのですが、昭和世代はのどかな台湾の球場に魅力を感じるのもまた事実(けど選手はメジャー化されているんですよねぇ)。少しでも台湾プロ野球の良さが伝わったら嬉しいです。

2016年9月12日月曜日

読売新聞国際版でリレーエッセーを担当させていただくことになりました。

ようやく夏休みも終わり、子供が幼稚園に行くようになったことは前回書いたのですが、日本で毎日遊び呆けていたせいか、朝登園を嫌がるように。とほほ。。朝から愚図られると1日疲れを引きずるのですよね。

というように所変われど子育ての苦労はたいして変わらないと思っていたのですが、日本でママ友に台湾での子育てについて話すと、「へー」「そうなんだー」と新鮮なリアクション。やっぱり所変われば違うこともあるのですね。私は日本で子育てしたことがないので、あまり実感がなかったようです。これからは子育てについても発信しますね。

さて、ありがたいことに読売新聞国際版で「リレーエッセー」という現地在住のジャーナリストやライターによるエッセイ欄を担当させていただくことになりました。3ヶ月に一度くらいの頻度で台湾在住子持ち主婦ライターから見た台湾をお届けします。

その第一回目が8月24日に掲載されたのですが、ここでも子育てについての原稿を書きました。改めて書いてみると、確かにやたら高い私立幼稚園の学費とか、小学校から試験攻めという事実は特筆すべきことですよね。紙面では少し触れただけなので、改めてブログで書こうと思います。

そう考えると海外に住んでいるというだけで、身近なところにも書くべきことがいっぱいだ(何を今さら)。愚図られて疲れたとか言ってる場合ではない、と気を引き締めるこの頃です。

な〜るほど・ザ・台湾9月号

台湾のホテルや観光地で配布している情報誌「な〜るほど・ザ・台湾」で連載中の「素顔の台湾人」で、今回は他言語を操る方を取材させていただきました。語学に興味のある方も、ぜひお手に取ってご覧ください。

な〜るほど・ザ・台湾9月号


ガイドブック「歩く台北2016-2017」発売中

今さらすみません。8月に発売されたガイドブック「歩く台北2016-2017」、5エリア担当しましたので、ぜひお手に取ってご覧ください。今回私が思ったのは、「表紙がかわいい!」ということ。巻頭は表紙にもあるビール特集ですので、ビール好きの方はぜひ!


あれ!?今見たら在庫切れになってますね!そんなに売れてるんでしょうか(自分に自信のあるやつ)。Kindle版もありますので、ぜひぜひスマホのKindleアプリにダウンロードして、台湾にいらしてくださいね。

2016年9月5日月曜日

2年目のジンクスとライターの手帳。

息子の夏休みを利用して、日本に長期滞在してました。

息子5歳にヤスアキジャンプを仕込む

というわけでヤスアキショックでブログ更新しなかったわけじゃないんですが、魔の逆転負け続きだった8月、そのうちの1試合を横浜スタジアムで目撃してしまいました。全力で飛んだヤスアキジャンプからの逆転負けがいま腰に来ている。

知らない方のために、横浜ファンは9回にクローザーの山崎康晃投手が登場すると、ゾンビネイションという曲に合わせてピョンピョン飛ぶんです。ビールが全身に回ってクラクラするんです。中年とは哀しいね。2年目のジンクスっていうのも、若い選手だけに与えられた特権ですよね。大野も槇原も、みんな打たれて大きくなったのだから。

そんなボヤキはともかく、更新をサボっている間もアクセスしてくださった皆様、本当にありがとうございました。さぞかし「いつ仕事してんだ」とお思いでしょう。ライターとしてブログ開設してるくせに筆不精とはこれいかに。反省しまして今回は、仕事道具である手帳を勇気を出してお見せいたします。

ライターといえばメモ。例に漏れず私もメモ魔です。そして子供の頃から文房具が大好きです。書くことを仕事にしていて文房具に興味がない、っていう人は少ないと思いますが、機能性よりも見た目を頼りに小学生の頃から文房具ハントに勤しんできました。

手帳もまたしかり。ホントにいろいろ試しました。ほぼ日手帳、能率手帳、クオバディス、ジブン手帳、ヨガ手帳、有名なのは一通り。重たいシステム手帳を持っていたこともあるし、無印の月間カレンダーのみでシンプルに生きよう!と燃えたことも。試した結果、最近落ち着いているのがトラベラーズノートです。しかも2冊使い。


普通サイズは家に置いて、パスポートサイズを持ち歩いてます。パスポートサイズに何でもかんでも書き込んで、整理して普通サイズに書き写したり貼ったりする。一応そういう使い方をしようと思っていて、まぁきちんと整理しきれてはいないのですが、一度書いたメモを見直す回数は増えている気がします。

書いておかないと忘れてしまうし、書いても忘れるのが人間。なので、書いておいたものをもう一度見直して、整理しようという意識があるだけでも、以前よりはメモが活きているような気がします。日付が入った、特にほぼ日手帳みたいな1日1ページの体裁だと、どうしてもグチャグチャに書きなぐれないし、書きなぐったページは見直す気がしない(たぶん他の方の芸術作品みたいなページをよく目にするせいだと思うのですが)、というのが難点なのです。

トラベラーズノートの中は、両方とも無地のノートのみ入れています。パスポートサイズにメモする時は、気がついたら日付も書いておく。ほとんどのメモはだいたいいつ頃書いたかわかるだけで十分です。取材日なんかのスケジュールは書きなぐっておいて、iPhoneに登録したら破り捨てます。取材に必要なものとか注意事項は普通サイズの方に書いておきます。2回書くとけっこう覚えられます。パスポートサイズは小さいので持ち運びに便利なのはもちろんなのですが、不要なページを破り捨てる時も抵抗がないのがいいです。

毎年実家の母からもらう浅草入山せんべいのカレンダーが、なんとパスポートサイズにぴったりで、これを発見した時はひとりほくそ笑んでしまいました。

ウッヒョー!ぴったり!

この嬉しさ、手帳好きの方ならわかってくれますよね??トラベラーズノートは一枚皮でに通したゴムに、ノートを挟むだけのシンプルな構造なので、思わぬ「ぴったり」があったらすぐ使えるし、やっぱりいらない、と思っても取り外すだけなので、何でも気軽に試せます。

取材ノートはというと。取材時間の短い簡単な取材なら、パスポートサイズにメモってしまいます。インタビューで基本は録音、という時は、キーワードだけをパスポートサイズにメモすることも。ただ、時間を取ってもらったちゃんとした取材の場合は別のノートを使います。取材ノートはA5サイズで統一しているので、文房具店などで気に入ったものがあったら買っておいて順番におろし、在庫が切れたら無印ノートでしのいでいます。

ディズニーランドで買ったA5ノート

特に変わったこともない使い方ですが、これが一番落ち着きます。取材ノートは昔からずっとこのサイズ。立っていても書きやすいことに気づいてからは、リングノートを選んでいます。

そんなわけで、台湾に戻り、2ヶ月ほぼ毎日一緒だった息子も幼稚園に出かけたので、ブログを再開した次第です。これからは文房具ネタ、ガジェットネタ、あと子育てネタも織り交ぜつつ続けていきますのでよろしくお願いします。あ!もちろんお仕事も頑張ります。